小松菜と春雨の中華スープ

調理時間15分

エネルギー55kcal

塩分1.2g

  小松菜と春雨の中華スープ

材料

(2人分)
小松菜 60g
にんじん 20g
しいたけ 20g
緑豆春雨 10g
★チキンスープの素 小さじ1
★水 2カップ
適量
こしょう 少々
ごま油 小さじ1
しょうが 4g
長ねぎ 10g
白ごま 少々

 

作り方

  1. 小松菜は洗って茎は3㎝、葉は1㎝長さに切る。
    にんじん、しょうが、長ねぎは細切り、しいたけは薄くスライスする。
  2. 緑豆春雨はゆでて食べやすい大きさに切っておく。
  3. お鍋に★の材料とにんじん、しいたけを入れて火にかけ、にんじんが
    柔らかくなるまで煮る。
  4. 小松菜の茎も加えて2分程煮てから葉と春雨を加えて更に煮る。
  5. 塩、こしょうで味を調える。
  6. 火を止めてからしょうがとごま油を加える。
  7. お皿に盛り付け、長ねぎをのせて白ごまをふる。
エネルギー たんぱく質 脂質 コレステロール
55kcal 1.2g 2.4g 0mg
炭水化物 亜鉛 ビタミンA
7.8g 0.8mg 0.2mg 151µg
ビタミンD ビタミンE ビタミンB1 ビタミンB2
0.1µg 0.5mg 0.03mg 0.05mg
ビタミンB12 葉酸 ビタミンC 塩分
0.0µg 36µg mg 1.2g

POINTポイント

小松菜やにんじんなどの色が濃く栄養たっぷりの野菜を使った温かいスープです。野菜のお出しを吸った春雨が美味です。
しょうがの辛味成分には体を温め、血行をよくする働きがあります。また、長ねぎのツンする香り成分にも体を温める作用があります。しょうがやねぎの香りは煮すぎると飛んでしまうので、最後に加えるのがポイントです。

管理栄養士からの豆知識

鉄分が多い野菜というとほうれん草が代表格ですが、小松菜もそれに負けないくらい鉄分が豊富です。その他に
ビタミンCやカルシウム、βカロテンなどの栄養が含まれています。ほうれん草と違ってアクがないので、下ゆでなしでスープに使えます。鉄分の吸収はあまりよくないので、メインに肉や魚を使った料理と組み合わせて食べましょう。