豚しゃぶのニラだれがけ

調理時間15分

エネルギー470kcal

塩分0.8g

  豚しゃぶのニラだれがけ

簡単にできるピリ辛のニラだれを豚しゃぶにのせました。豚しゃぶ以外にも茹で鶏や水餃子にのせても美味しいですよ。

材料

(2人分)
豚ロース薄切り肉 300g
★塩 小さじ1/3
★酒 大さじ1
ニラ 1/2束(50g)
しょうが 5g
豆板醤 小さじ1/2
しょう油 小さじ1
ごま油 小さじ2
レタス 適量

作り方

  1. ニラは洗って1㎝長さに切る。しょうがはみじん切りにする。
  2. ニラだれを作る。フライパンにごま油を熱し、しょうがを加えて 香りが立ったら豆板醤を加えてひと混ぜして、しょう油を加える。 最後にニラを入れてひと混ぜしたら火を消し、余熱で炒め 器に取り出す。
  3. 鍋に水1リットルを入れ火にかけ、沸騰したら★を加える。
  4. 豚肉を一枚ずつはがして(3)に入れ、色が変わったら取り出し 水が切れるバットに並べる。
  5. お皿にレタスと豚しゃぶをのせて、上にニラだれをかける。
エネルギー たんぱく質 脂質 コレステロール
470kcal 32.1g 34.5g 100mg
炭水化物 亜鉛 ビタミンA
3.3g 0.9mg 3.1mg 88µg
ビタミンD ビタミンE ビタミンB1 ビタミンB2
0.1µg 0.8mg 0.74mg 0.26mg
ビタミンB12 葉酸 ビタミンC 塩分
0.8µg 64µg 7mg 0.8g

POINTポイント

豚肉はタンパク質やビタミンB1が豊富で疲れている時やスタミナをつけたい時におススメの食材です。
余計な油は茹でると落ちるのでヘルシーな調理法です。ニラのツンとする香り成分にはビタミンB1の吸収をよくする働きがあるので、豚肉との相性もバッチリです。ニラの香りをいかすために炒めすぎないように余熱で調理して下さい。

管理栄養士からの豆知識

人はご飯やパン、麺などに含まれる炭水化物(糖質)を主なエネルギー源としています。豚肉に多く含まれるビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変えるために欠かせないビタミンで、不足するとイライラしたり疲れやすくなったりします。炭水化物は摂りすぎないことと、代謝に必要な栄養素も不足なく摂りたいものです。